解決事例 ケース紹介

2019.10.09更新

子どもとの面会交流がうまくいかない
【ご相談内容】
半年前から妻子と別居しています。子どもとの面会交流を求めましたが、妻から「連れ去りの危険がある」といわれ拒否されています。
【ご相談後の対応】
面会交流の調停を申し立て、調停での話し合いと並行して、試行面会を繰り返し行いました。最初は面会の日程調整、面会時の過ごし方などで度々トラブルが起こりましたが、その度に調停の席で振り返りを行った結果、徐々にうまくいくようになり、最終的には、宿泊も含めた面会交流の取り決めをすることができました。
【ワンポイントアドバイス】
面会交流では、離婚を考えるほど対立している夫と妻が、父として母としてコミュニケーションを取らなければなりません。子どもが安心して離れた親と交流できるよう、一定のルールも必要になります。当事者同士では感情的になって話し合いがうまくいかない時には、交渉経験のある弁護士を活用してください。

------------------------
初回無料相談のお問い合わせは こちら まで。

投稿者: 弁護士 森岡かおり

  • まずは、お電話から始めませんか?
  • お気軽にご相談ください TEL: 03-5615-9261
  • お問い合わせはこちら
  • まずは、お電話から始めませんか?
  • top_bn03.png
  • お問い合わせはこちら
初回相談30分無料 文教の森法律事務所 TEL: 03-3817-6627 よくある質問 解決事例 弁護士コラム

新着情報

一覧へ >
2019/10/09
解決事例を更新しました
2018/04/12
弁護士コラムに「依頼者の声」を掲載しました。