解決事例 ケース紹介

2016.06.16更新

では、何の調停を申し立てたらいいか、考えてみましょう。

 

これは、離婚したい気持と、夫婦関係を修復したい気持、どちらが強いかによります。
離婚したい気持が強い場合は、「夫婦関係調整調停(離婚)」を申し立てることになります(離婚調停)。
修復したい気持が強い場合は、「夫婦関係調整調停(円満)」を申し立てることができます(円満調停)。
離婚調停を申し立てた場合でも、話し合いの結果、夫婦関係を修復する結論で合意することもできますし、円満調停を申し立てた場合でも話し合いの結果、離婚を合意することもできます。一度別居して、冷却期間を置くという解決策もあり得ます。

 

調停の利点は、このように話し合いの中でいろいろな可能性を探して、柔軟に解決できるところにあります。それだけでなく、調停の中で決めたことは「調停調書」という書面になりますので、口約束だけの場合より、強い効力が生まれます。

 

では次に、調停での具体的な獲得目標を考えましょう。

投稿者: 弁護士 森岡かおり

2016.06.13更新

次に、どの手続で解決すべきか、考えましょう。

 

そもそも会話がないのですから、当事者同士で話し合って(協議で)結論を出すというのは難しそうです。
また、離婚をするかしないかの意見が対立して裁判になったとしても、会話がないだけでは裁判で離婚が認められる「離婚事由」(※)に該当するかどうかも難しいところです。

 

こんな時に便利なのが調停です。
調停は、話し合いの手続ですから、夫婦の間で問題になっていることを、裁判所に間に入ってもらって、じっくり話し合うことができます。申立手続も難しくありません。
必要なのは、
●申立書等の書面(裁判所のホームページに書式があります)
●費用(収入印紙代1200円、郵便切手代966円:東京家裁の場合)
●夫婦の戸籍謄本
●年金分割のための情報通知書(年金分割を求める場合)
です(状況に応じ、ご自身の主張を裏付ける資料等が必要になることもあります)。

 

調停の申立を考え始めたら、次のステップに進みましょう。

 

(※)裁判で離婚が認められるのに必要な「離婚事由」
1 不貞行為
2 悪意の遺棄
3 3年以上の生死不明
4 強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
5 その他婚姻を継続しがたい重大な事由

(民法770条1項)

投稿者: 弁護士 森岡かおり

2016.06.10更新

まず、方針を考えましょう。

 

夫婦の間で会話がなくなったのは、些細なことがきっかけだったかもしれません。でも、それが長期間続くと、夫婦関係を継続することが耐えられなくなってきます。それはごく自然な感情です。家庭を維持していくのに、不便なことも多々生じるでしょう。

 

そうはいっても、離婚となると簡単には決められません。
例えば、
●結婚してそれほど間がなく、お子さんもいないご夫婦の場合には、離婚して新たな一歩を踏み出しやすいかもしれません。
●子育て真っ最中のご夫婦では、お子さんへの影響や生活費の問題が不安要因になりそうです。
●お子さんが中高生の年頃なら、教育費の問題が気になるでしょう。
●年齢を重ねられたご夫婦では、財産分与や年金分割、これからの住まいのことを考えなければなりません。

 

これらの課題を克服して、離婚に向けて進み始めたいのか、それとも会話がなくなった原因をご夫婦で見つめ直して、もう一度、夫婦として二人で生きていきたいのか、率直な気持をお聞かせください。

 

方針がなんとなくイメージできたら、次のステップに進みましょう。

投稿者: 弁護士 森岡かおり

前へ
  • まずは、お電話から始めませんか?
  • お気軽にご相談ください TEL: 03-5615-9261
  • お問い合わせはこちら
  • まずは、お電話から始めませんか?
  • top_bn03.png
  • お問い合わせはこちら
初回相談30分無料 文教の森法律事務所 TEL: 03-3817-6627 よくある質問 解決事例 弁護士コラム

新着情報

一覧へ >
2018/04/12
弁護士コラムに「依頼者の声」を掲載しました。