慰謝料など民事事件

よくある 民事事件のご相談

  • 夫と浮気相手の女性に、慰謝料を請求したい・・・・解決事例はこちら

民事事件の考え方

民事事件の中で、離婚・相続に関連するケースは、優先的に、ご相談・ご依頼をお受けしています。男女間の交際に関わる慰謝料のケースも同様です。
それ以外のケースは、事案によってご相談をお受けできる場合もありますので、問い合わせフォームからお問い合わせください。

「費用回収」という既成概念にとらわれすぎていませんか

【ご相談内容】

アパートの借り主が賃料を滞納し、催促をしても支払ってもらえず困っています。裁判を起こせば、強制執行をしてもらえるでしょうか。

【無料相談での対応】

強制執行をしても、相手に資産がなければ意味がありません。まず、多くの場合、家賃滞納が3カ月を過ぎれば、契約を解除することができます。ここから先はご相談ですが、任意退去を迫り、新しい借り主を探してみてはいかがでしょうか。

【正式依頼の結果】

問題の借り主へ引っ越し費用を援助し、早々に部屋を明渡してもらいました。

「借りたものは返す」という既成概念にとらわれすぎていませんか

【ご相談内容】

病気がちで定職に就けず、生活苦から借金を繰り返しています。親戚にも頼ったのですが、それでも利息が減らなくて困っています。

【無料相談での対応】

利息の上乗せを止めれば完済できそうでしょうか。もしそうなら、金融機関に対して交渉を進めてみます。ただし、債務は経済活動の結果であり、無理な返済プランは問題の根本的解決にはならないと考えます。最初から難しいのであれば、破産も検討に入れるべきでしょう。

【正式依頼の結果】

自己破産の申立てと同時に生活保護の申請を行い、これらが共に認められました。

「訴訟」という既成概念にとらわれすぎていませんか

【ご相談内容】

会社の上司が事あるごとに、「これだから女性には任せられないんだ」と口にします。セクハラが成り立つと思うので、訴訟を起こしたいのですが。

【無料相談での対応】

各種ハラスメントは、「嫌がらせ行為」であることと「客観的に見た不当性」が問われます。まず、その点を確認させてください。そして何より重要なのは、「裁判所の判断を求めたい」のか、単に「やめてほしい」のかということです。前者なら、証拠集めなどの準備が欠かせません。後者であれば、手間や費用をかけずとも、交渉による解決が望めます。

【正式依頼の結果】

当職が問題の上司と話し合いを重ね、言動に気をつける旨の一文をしたためてもらいました。

【ワンポイントアドバイス】

同じ会社で仕事を続けていくなら、権利の主張の仕方にも工夫が必要です。円滑なコミュニケーションを維持していくためにも、話し合いを進めてみてはいかがでしょうか。

 

※上記のケースは実際の事例を抽象化して紹介しています

法律相談のススメ

「ゴールを決めずに、ニュートラルな状態から何ができるのかを模索していく」。これが、当職の掲げるスタンスであり、根本的な解決の鍵であると信じています。ぜひ、「困っている」と「こうできるはずだ」を切り離してみてください。法律相談で伺いたいのは「困っている」事実です。「こうできるはずだ」については一緒に考えていきましょう。

  • まずは、お電話から始めませんか?
  • お気軽にご相談ください TEL: 03-5615-9261
  • お問い合わせはこちら
  • まずは、お電話から始めませんか?
  • top_bn03.png
  • お問い合わせはこちら
初回相談30分無料 文教の森法律事務所 TEL: 03-3817-6627 よくある質問 解決事例 弁護士コラム

新着情報

一覧へ >
2019/11/11NEW
取り扱い分野の各ページをリニューアルしました。
2019/10/09
解決事例を更新しました
2018/04/12
弁護士コラムに「依頼者の声」を掲載しました。