遺言・相続問題

良くある遺言・相続のご相談

  • 自分に不利益な遺言がのこされていたが、どうすることもできないのか
  • 相続の折り合いが付かないので、法的手続きを利用したい
  • 子どもたちがトラブルに巻き込まれないような遺言を書きたい
【弁護士に相談するメリットとタイミングについて】

相続の場面でもめ事が起こる原因は、法律と相続人の気持ちがフィットしないことにあると思います。こうした不満を完全に解消することは難しく、どれだけ調節できるかという程度問題になってしまうでしょう。であるからこそ、遺産を譲る側の意向を示した遺言が重要になってくるのです。思い立ったときが吉日、早めにバトンタッチの準備を済ませてみてはいかがでしょうか。

遺産分割でもめてしまった場合の相談ケース

「権利」という既成概念にとらわれすぎていませんか

【ご相談内容】

亡くなった両親と一緒に住んでいたので、生活の基盤が実家にあり、何とか住み続けたいと思っています。ところが不動産以外の遺産が少なく、兄弟から「家を売って、現金を作ってほしい」と言われてしまいました。自分は長男で親の面倒もみてきたのに、何もしていない弟たちと遺産を等分する必要があるのでしょうか。

【無料相談での対応】

個人への貢献度を評価する「寄与分」という仕組みがありますが、目に見えるような資産の増加などがない限り、認められにくい傾向にあります。まずは、できるだけご依頼者の気持ちに添うよう、誠心誠意交渉をしてみましょう。

【正式依頼の結果】

相続人おのおのが権利を主張した結果、引くに引けない事態へと発展。調停でも話し合いがつかず、最終的には審判によって、自宅が競売にかけられることになってしまいました。

【ワンポイントアドバイス】

裁判費用や競売による利益損失、さらには今後の親戚づきあいなどを考えると、関係者全員が不利益を被ったのではないでしょうか。「これだけもらえるはずだ」という権利意識が強すぎると、相続ではなく、いわゆる「争続」となってしまいます。このような事態にならないよう、生前から話し合いを持つか、遺言で遺志を示しておくことをお勧めします。

 

※上記のケースは実際の事例を抽象化して紹介しています

遺言書の作成を巡る相談ケース

「費用」という既成概念にとらわれすぎていませんか

【ご相談内容】

専門書では「公正証書遺言」を勧めていましたが、費用をかけてまで頼もうとは思いません。手軽に作れる「自筆証書遺言」で良いのではないでしょうか。

【無料相談での対応】

財産の内容や分割プランにもよります。いつでも自分で作成できる「自筆証書遺言」は、定められた要件を守っていないと無効になる可能性があるほか、「筆跡が違うようだ」といった邪推をされたり、事実かどうかは別にして認知症を疑われたり、実行面で不安定な側面がつきまとうものです。

【正式依頼の結果】

当職が内容を確認した上、「公正証書遺言」で進めることになりました。

【ワンポイントアドバイス】

後に裁判を起こされる可能性にくらべれば、数万円の作成手数料は、決して高額といえないのではないでしょうか。保管も行ってくれるので紛失や発見されない事態を防げますし、一連の保険兼委託料と考えてみてください。

 

※上記のケースは実際の事例を抽象化して紹介しています

遺留分減殺請求の相談ケース

「遺留分」という既成概念にとらわれすぎていませんか

【ご相談内容】

亡父の遺言が発見されたのですが、自分にはほとんど遺産がのこされていませんでした。インターネットで調べたところ、どうやら「遺留分」が請求できそうです。詳しい仕組みを教えてください。

【無料相談での対応】

「遺留分」とは、故人の兄弟姉妹を除く法定相続人に対し、一定の相続財産の承継を認める制度です。法定相続分よりは減額されますが、遺言より強い効力があるので、検討する余地はあるでしょう。
ただし、相続人全員の合意があれば、遺言と異なる遺産分割ができる場合もあります。「遺留分」をゴールとしなくても、分け方の工夫を話し合えば良いのではないでしょうか。

【正式依頼の結果】

親族会議の結果、ご依頼者には「遺留分減殺請求」をした場合より多くの遺産が分けられることになりました。

【ワンポイントアドバイス】

「遺留分減殺請求」は通常の遺産分割と手続きが異なり、調停で解決しなければ、別途地方裁判所に訴訟を提起する必要があります。権利は権利として有効なのですが、手間と費用も考慮した「合理的な解決」を目指してみませんか。

 

※上記のケースは実際の事例を抽象化して紹介しています

法律相談のススメ

インターネットが発達した現在、さまざまな情報を手軽に入手できるようになりました。便利な点もありますが、得られた内容が全てだとは決して思わないでください。先に結論を決めてしまうと、より有意義な可能性を放棄することになりかねません。どのような進め方が適切なのか、弁護士の生の声を活用されてみてはいかがでしょうか。

  • まずは、お電話から始めませんか?
  • お気軽にご相談ください TEL: 03-5615-9261
  • お問い合わせはこちら
  • まずは、お電話から始めませんか?
  • top_bn03.png
  • お問い合わせはこちら
初回相談30分無料 文教の森法律事務所 TEL: 03-3817-6627 よくある質問 解決事例 弁護士コラム

新着情報

一覧へ >
2019/10/09
解決事例を更新しました
2018/04/12
弁護士コラムに「依頼者の声」を掲載しました。