弁護士費用

弁護士費用

2004(平成16)年4月1日から、弁護士会の「報酬基準」が廃止され、弁護士は各法律事務所ないし弁護士毎に料金を定めることが必要となりました。そこで、以下のとおりの基準に従い、弁護士が法律事務を行うにあたっての報酬を定めております。
代表的な例を掲載しますので、詳しくはお問い合わせください(いずれも税別の金額で表記しています)。法テラスの利用も可能です。

弁護士報酬の種類

法律相談料、着手金、報酬金、手数料、日当など

法律相談料

30分毎に5,000円~(初回に限り30分無料)

分野ごとの弁護士費用

民事事件の着手金および報酬金

経済的利益の額着手金報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え、3,000円以下の部分 5% 10%
3,000万円を超え、3億円以下の部分 3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%
  • 原則として、着手金は事件等の対象の経済的利益の額を、報酬金は委任事務処理により確保した経済的利益の額をそれぞれ基準として算定します。
  • 着手金および報酬金は、事件の内容により、協議の上で、増減額することができます。着手金は10万円を最低額とさせていただきます。

離婚事件の着手金および報酬金 

離婚事件の内容着手金および報酬金
離婚調停事件・離婚仲裁センター事件・離婚交渉事件 30万円~
離婚訴訟事件 40万円~
  • 離婚交渉事件から引き続き離婚調停事件または離婚仲裁センターを受任するときの着手金は、離婚調停事件の着手金の額の2分の1とします。
  • 離婚調停事件から引き続き離婚訴訟事件を受任するときの着手金は、離婚訴訟事件の着手金の額の2分の1とします。
  • 財産分与・慰謝料など財産給付を伴うときは、経済的利益の額を基準として、協議の上で、民事事件の着手金および報酬金の額以下の適正妥当な額を加算させていただく場合があります。

債務整理事件の着手金および報酬金

任意整理 着手金 ア 債権者が1社又は2社の場合 5万円
イ 債権者が3社以上の場合 2万円X債権者数
報酬金 一債権者について、次のアからウまでを合計した金額
ア 基本報酬金 2万円
イ 減額報酬金 請求を免れた金額の10%相当額
ウ 過払報酬金 返還を受けた過払金の20%相当額
自己破産 着手金 20万円
報酬金 着手金額を基準に、協議の上、依頼者の方の資力等を考慮して、
金額、支払時期及び方法を決定させていただきます。
個人再生 着手金 30万円
報酬金 着手金額を基準に、協議の上、依頼者の方の資力等を考慮して、
金額、支払時期及び方法を決定させていただきます。

刑事事件の着手金および報酬金

刑事事件の内容着手金および報酬金
起訴前 30万円~(事案簡明な事件の場合は、10万円~)
起訴後(第一審) 30万円~(事案簡明な事件の場合は、10万円~)
裁判員裁判対象事件 30万円~(事案簡明な事件の場合は、15万円~)
上訴審 30万円~(事案簡明な事件の場合は、15万円~)
少年事件 30万円~

手数料

項目手数料
着手前調査 5万円~
法律関係調査・事実関係調査 5万円~20万円
契約書類等の作成 10万円~
内容証明郵便作成 3万円~
遺言書作成 定型 10万円~20万円

日当

半日(往復2時間を超え、4時間まで) 3万円以上、5万円以下
1日(往復4時間を超える場合) 5万円以上、10万円以下

実費

  • 弁護士報酬とは別に、収入印紙代、郵便切手代、謄写料、交通通信費、宿泊料、保証金、供託金、その他委任事務処理に要する実費等を負担いただくことがあります。
  • まずは、お電話から始めませんか?
  • お気軽にご相談ください TEL: 03-5615-9261
  • お問い合わせはこちら
  • まずは、お電話から始めませんか?
  • top_bn03.png
  • お問い合わせはこちら
初回相談30分無料 文教の森法律事務所 TEL: 03-3817-6627 よくある質問 解決事例 弁護士コラム

新着情報

一覧へ >
2018/04/12
弁護士コラムに「依頼者の声」を掲載しました。